SWFObjectを使ったFlashの埋め込み方法
お問い合わせ

科学教育研究

海研の科学教育研究の業績は事業実績ページでご覧ください。

 海研では、海をテーマとして、様々な科学教育活動を展開しています。
 米国で開発された最先端の海洋科学教育プログラム(MAREやCOS)の国内導入、海研に在籍する研究者による科学教育プログラムの実践や博物館等の企画展の企画立案、教材開発、そして、「この先、海です。プロジェクト」のような環境教育プログラムまで、その取り組みは多岐に渡ります。

 こうした教育的活動は、その重要性から、しばしば無批判にその活動を評価されることもあります。しかし、本当の意味で「科学教育」のさらなる発展を目指すのであれば、自らの活動内容を、科学的に、教育学的に、客観視することが必要不可欠になってきます。「自分たちの活動が一番だ」と思ってしまっては、さらなる発展は望めないと考えています。

 そこで海研では、国内における科学コミュニケーション活動を俯瞰する研究や、海外で開発された科学教育プログラムを(日本の)教育学的視点から分析する研究、などを国内の大学と恊働して行なっています。こうした科学教育研究を通して、海研の活動の意味や位置づけを明確にしようとしています。

 海研では、既に、国内外の研究論文や学会などでその研究成果を発表しています。そして、国内外の同分野の研究者から、様々な批判や助言を頂いています。そうした経験を基にして、より良い教育活動を追い求めています。